メルメイク > ご利用規約

TERMSご利用規約

第一条(適用範囲)

メルメイク利用規約(以下「本利用規約」といいます)は,「メルメイク」(以下「本施設」といいます)の会員および本施設に入会する事を考えている方に適用します。

第二条(目的)

本施設は,心身の育成,健康維持,増進の提供,肉体改造を目的とします。

第三条(管理運営)

本施設の全ての施設は,株式会社メルメイク(以下「会社といいます)が経営します。会社は,各施設内に,管理運営にあたる事務所をおきます。

第四条(会員制)

1 本施設は会員制とします。
2 会員による本施設の利用範囲,条件および特典については,別途定めます。

第五条(受講資格)

本施設の受講資格は,会社が別途定める場合を除き以下の全項目を満たす方とします。
(1)会員制度の主旨に賛同し,規約を遵守できる方。
(2)満16歳以上の方(ただし,満20歳未満の場合には保護者の同意を得ている方)。
(3)健康状態に問題の無い方。
(4)医師から運動を禁じられていない方。
(5)妊娠していない方。
(6)反社会的勢力(暴力団及びその他過激行動団体を言う。以下同じ。)に属していない方。
(7)反社会勢力に対し資金提供を行うなど反社会的勢力に関して社会的に非難されるべき関係にない方。
(8)刺青・タトゥーのない方。
(9)本施設にて過去に除名歴のない方。
(10)過去に金額返金制度の適用を受けていない方。

第六条(受講手続き)

1 本施設に受講しようとする時は,本利用規約を承諾した上で入金手続きを行い,会社の承諾を得て規定の入会金,会員費,手数料等(以下「会費等)といいます)を納入する必要があります。「なお,本施設の入会手続きを経て会員となる時点は,「パーソナルトレーニング同意書」に署名・押印した時点に遡るものとします。」
2 未成年の方が会員になろうとする時は,親族者の同意を得た上で入会の申し込みを行い,この場合,親権者は,本契約に基づく責任を連帯して追う負うものとします。

第七条(変更手続きなど)

会員は,「パーソナルトレーニング同意書」に記入した内容に変更があった時は,遅滞なく変更手続きを行うものとします。

第八条(会費等)

1 会社は,会費等を別に定めます。
2 会員は別に定める支払い期日までに,会費等を支払わなければなりません。
なお,支払いに要する費用は会員の負担とし,本施設の施設利用の有無に関わらず,会員資格を喪失するまで会費等をお支払い頂きます。
3 一旦納入した会費等は,「パーソナルトレーニング同意書」,本利用規約または法令に定めがある場合を除いて,返還されません。
4 会費等に課される消費税は会員の負担とします。なお,消費税率の変更があった場合には,会員の負担する消費税額もそれに従い変更されるものとします。

第九条(会員資格譲渡の禁止等)

本施設の会員資格は,「パーソナルトレーニング同意書」や本利用規約に別段の定めがある場合を除き,他に譲渡,貸与などの処分をする事は出来ません。また,本施設の会員資格は,相続の対象にはなりません。

第十条(施設内諸規則等・利用規約・免責事項の遵守)

会員は,本施設の施設の利用にあたり,本利用規約および施設内諸規則を遵守し,トレーナーの指示に従って頂きます。また,会員は,法令または公序良俗に反する行為の他,本施設の施設内の秩序を乱す行為をしてはなりません。

第十一条(予約の変更・キャンセル)

1 予約の変更およびキャンセルは予約頂いたトレーニング日時の24時間前までとし,電話・Email,携帯アプリLINEにて承ります。
2 予約頂いたトレーニング日時の24時間以内の変更及びキャンセルはトレーニング1回分の消化となります。

第十二条(損害賠償責任免責)

会員が本施設を利用するに際して生じた傷害,盗難などの,人的,物的事故につきましては,一切責任を負わないものとります。

第十三条(会員資格喪失)

会員は次の各号に該当する場合,その会員資格を喪失し,会員としてのあらゆる権利を喪失します。
(1)会員が第十四条に定める全額返金制度を申し出,会社が退会手続きを行った場合。
(2)会社が第十五条により会員を除名した場合。
(3)会員が第十七条各号のいずれかに該当した場合。
(4)会員が死亡した場合。
(5)会員が入会手続きをした施設の全部を第十六条により閉鎖した場合。
(6)会社が解散した場合。

第十四条(退会)

1 会員は,本人の都合により退会する時は,会社所定の手続きを経て退会する事が出来ます。2 退会手続き後,会社が退会を承認することで,会員は本施設を退会します。退会手続き
は,来店の上,書面で行うものとし,電話,FAX,電子メールその他の手段による退会手続き
はできません。
3 会社は,退会を承諾するまで,会員に対して諸費用を請求する権利を有します。
4 退会後の会費等の返還は,以下に定める通りとします。
1.残回数返金制度
(1)入会金は,理由の如何を問わず一切返還致しません。
(2)入会金を除く会費等については,返金の時点で実施していないトレーニング回数分の料金を返還対象額とし,当該返還対象額から次号に定める退会手数料を控除した金額を返還いたします。
(3)退会手数料は一律5,000円とします。
2.全額返金制度
会社は,会員から全額返金申請があり,次の各号の条件を満たす場合には,会社に対してお支払い頂いた会費等の全額を返金致します。但し,全額返金制度を利用された方は,会社の許可がない限り,再び入会することはできません。
(1)トレーニングスケジュールを遵守していること
(2)初回トレーニングから30日以内に全額返金の申し出があったこと。
(3)トレーニングの遅刻・24時間以内のキャンセルがないこと
(4)トレーニング日時の変更が3回以上ないこと
※会社が販売する物品(サプリメント,プロテイン)等については,全額返金の対象外です。
※延長コース契約,2週間体験コースは残回数返金制度,全額返金対象外となります。

第十五条(除名)

会社は,会員が次の各項の1つに該当する時は,会員資格を除名する事が出来ます。この場合,既にお支払い頂いた会費等は,理由の如何を問わず一切返還致しません。
(1)第五条の入会資格を喪失した時,また,同条の入会資格の条件を満たしていなかった事が判明した場合。
(2)本規約,その他本施設の定める規則に違反した場合。
(3)他の会員や本施設のスタッフ・トレーナー等の信用を傷つけた場合,または秩序を乱した場合。
(4)本施設の施設内の器具・備品等の損壊・持ち出し等の行為をした時。
(5)本施設を介さずスタッフ・トレーナーから直接トレーニングを受ける事,または直接トレーニングを受ける事を提案・交渉した時。
(6)会費等の支払いを滞納し,期限を定めた勧告に応じない場合。
(7)本施設のスタッフ・トレーナーに対する会社以外の他社へのスカウト・引き抜きにあたる行為を行った時。
(8)法令または公序良俗に反する一切の行為を行なった時。
(9)その他会社が本施設の会員としてふさわしくないと判断した時。
(10)会員が記載頂いた内容に虚偽が判明した時。

第十六条(施設の閉鎖・休業および解散)

会社は,次の号令に該当する時は,各施設の全部または一部の閉鎖,休業または本施設の解散(以下「閉鎖等」といいます。)をする事が出来ます。閉鎖等が予定されている場合は,原則として1週間前までに会員に対し,その旨を告知します。ただし,閉鎖等により会員の会費等支払い義務は軽減・免除されず,また,会社が会員に対して補償・賠償を行う事はありません。
(1)定期休業による時。
(2)施設の増改築,修繕または点検を行う時。
(3)気象・災害等により会員にその災害が及ぶと当社が判断し,営業が困難と認めた時。
(4)会社が特別行事を開催する時。
(5)法令の制定,改廃,行政指導,社会経済情勢の著しい変化,その他止むを得ざる事由が発生した時。

第十七条(利用の禁止)

会員が次の各号に該当する時は,本施設の利用を禁止します。
(1)反社会的勢力に属している時。
(2)反社会的勢力に対して資金等を提供し,または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有する時。
(3)伝染病等,他人に伝染又は感染する恐れのある時。
(4)一時的な筋肉の痙攣や,意識の喪失などの病状を招く疾病を有している時。
(5)妊娠している時。
(6)許可なく施設内を撮影,または録音した時。
(7)医師から運動を禁じられている時。
(8)飲酒等により通常の施設利用が出来ないと判断した場合。
(9)その他,正常な諸施設の利用が出来ないと判断した時。

第十八条(費用の変更および担当トレーナーの変更について)

1 会社は,会員が負担すべき会費等の費用について変更する事が出来ます。
2 会社は,トレーナーの担当について変更をする事が出来ます。この場合,会社は,変更を決
定した時点で会員にその旨を告知するものとします。

第十九条(本利用規約の改訂)

会社は,本利用規約および施設内諸規則の改訂を行う事が出来ます。なお,会社が改訂を行う場合には,当社ホームページもしくは,店舗などにより告知された時から効力を生じ,以後全員に適用されるものとします。

第二十条(管轄の合意)

会員及び会社は,「パーソナルトレーニング同意書」や本利用規約,施設内諸規則等に関して疑義が生じ,調停又は訴訟を提起する場合には,名古屋簡易裁判所を専属管轄とすることに合意します。