Column
コラム

パーソナルトレーナーの本音!給料・仕事内容などの本音をまとめました

パーソンルジム開業
公開日/2020/03/08 更新日/2020/05/29

パーソナルトレーナーの本音

パーソナルトレーナーとして働く事を考えた時、求人募集から得られる情報だけでは十分とは言えません。実際に働いてみなければ分からない点が多々ありますし、掲載されているインタビューなどもどこまで本音なのか測りかねる部分があるからです。

個々の状況によって異なる部分もありますが、パーソナルトレーナーとして働いている方が自分の仕事についてどう感じているかを知っておいて損はありません。働き始めてからギャップを感じて後悔する事が少なくなるでしょうし、メリット・デメリットを比較検討しやすくもなります。

パーソナルトレーナーが金銭・仕事内容について感じている本音をチェックしていきましょう。

>>【トップクラスの集客力】フランチャイズ募集の詳細を見てみる。

金銭に関するパーソナルトレーナーの本音

パーソナルトレーナーの本音について知る上で、金銭に関する話題は避けては通れない物です。特に給料が安いのか高いのかなどの情報は、パーソナルトレーナーを始めた後の生活に直結するので気になる所でしょう。

パーソナルトレーナーとしてどのような働き方を選ぶかの判断材料にもなるので、実情を良く知っておく事は重要です。将来まで見据えた人生のプランを構築する意味でも、大きな意味を持つ情報と言えます。

金銭に関するパーソナルトレーナーの本音の例は、以下の通りです。

パーソナルトレーニングの価格設定について

パーソナルトレーナーがセッション価格についてどう感じているか知りたい、と言う方は結構多いはずです。1時間5,000円程度のセッション価格を設定している所が多いですし、10,000円以上のジムも決して珍しくはありません。

本当にそれだけの価値があるのか、割高ではないのか、と常々疑問に思っている方もいるでしょう。しかし、パーソナルトレーナーの本音を聞いてみると、十分にその価値があると自信を持っている方が大半です。

確かにジムの利用料金と比べると高額ですが、パーソナルトレーナーとして積み重ねてきた知識・経験の量を考えれば安い物だと言えます。トレーニングそのものだけでなく、準備段階としてトレーニングメニューなどの制作にも時間が掛かっている点も無視出来ません。

疑問点を直接質問できる点も含めれば、支払った金額に見合うだけの価値を提供している事は間違いないでしょう。

パーソナルトレーナーの給料についての本音

パーソナルトレーナーの金銭に関する本音で、特に知りたいと思う項目は給料についてでしょう。受け取る金額や手当の概要は求人情報でも確認出来ますが、給料が安い・高いと言う実感はやはり現役のパーソナルトレーナーの本音を聞きたい所です。

パーソナルトレーナーの働き方は1つではないため、それぞれの業態ごとに状況を把握しなければなりません。大きく分けると、ジムやクラブに就職して働く、フリーランスとして活動すると言う2つの選択肢があります。

それぞれの働き方の給料についての本音は、以下の通りです。

正社員の給料

正社員としてパーソナルジムやフィットネスクラブに就職する場合、20代で年収300万円程度が給料の目安になるようです。契約社員やアルバイトとして雇われる場合は時給制となりますが、最大で時給1,500円ほどが相場となります。

インセンティブが設定されている事が多いため、セッション回数や物販の成績によってはさらに給料アップが見込める働き方です。しかし、パーソナルトレーナーの本音を聞いてみるとジムの収入だけでは生活がきつく、副業をしているケースも多く見られます。

特に就職したての時期はなかなか指名してもらえず、インセンティブが稼げない場合も多いようです。

独立した場合の給料

フリーランスとして活動する場合、1セッションにつき3,000~5,000円程度の収入と考えておくと良いでしょう。知名度が上がればセッション価格も上げられますが、就職する場合と同様に最初の時期は給料が安いと感じる事が多くなります。

交通費やジムのレンタル料などの経費も掛かるため、思ったほど稼げないと言うのがフリーランスとして働くパーソナルトレーナーの本音のようです。なお、マンションの1室を借りて小規模なジムを開業する働き方もあります。

成功すれば大幅な収入が見込めるものの、家賃・水道光熱費の支払いがきついと実感している方も少なくないので注意が必要です。

パーソナルトレーナーの仕事内容に関する本音

パーソナルトレーナーの仕事内容に関する本音

普段こなしている仕事内容に関する本音も、金銭面と同じくぜひ知っておきたい情報です。利用客としての視点からだけでは分からない実情を知る事で、より正確にパーソナルトレーナーと言う仕事を捉える事が出来ます。

特にパーソナルトレーナーが、どのような心構えで仕事に接しているかに興味を持っている方は多いでしょう。また、仕事をする上で良いと感じる点・辛いと感じる点が分かれば、パーソナルトレーナーが自分に向いている仕事なのか考える助けにもなるでしょう。

パーソナルトレーナーの仕事内容に関する本音は、以下の通りです。

パーソナルトレーナーのサービスに対する考え方

パーソナルトレーナーはお客さんに対して、「結果を出してもらいたい」と言う本音を持っています。支払った金額に見合わない結果になってしまうと申し訳なく感じる事が多いようです。

お客さんが目標を達成する事はパーソナルトレーナーの評価にも繋がりますから、自分自身の収入アップのためにも何とか結果を出してほしいと考えるのは当然の事と言えます。しかし、全てのお客さんがスムーズに目標を達成出来る訳ではありません。

アドバイスを素直に受け入れてくれないお客さんや、文句ばかりを言うお客さんに苛立ちを感じた事のあるパーソナルトレーナーは珍しくない物です。

ボディダッチなどで賠償請求された事例はある?

パーソナルトレーナーが指導をする際、口頭だけで全ての行程を完了する事は出来ません。正しい姿勢を取ってもらったり、意識するべきポイントを理解してもらったりするためにある程度のボディタッチをする必要があります。

となると当然、異性へのボディタッチでいかがわしい気持ちになるのではないかと言う疑問が思い浮かぶはずです。パーソナルトレーナーの本音を聞いてみると、あくまでも業務として行うためいかがわしい気持ちになる事はないと分かります。

仕事を始めたばかりの時期は緊張する事もあるようですが、慣れてくれば仕事として淡々とこなす事になるでしょう。職場によっては、ボディタッチを禁止している所もあります。

実際にボディタッチで賠償請求になったケースもあります。

トレーニング以外の仕事もある?

パーソナルトレーナーの仕事と聞くと真っ先にトレーニングの指導が思い浮かびますが、それ以外にも様々な仕事をこなす必要があります。ジム内の清掃作業はお客さんに快適なトレーニングをしてもらうために必須ですし、トレーニング器具の故障を防ぐためにも重要な仕事です。

ジムを利用する際、トレーナーが掃除をしている場面に遭遇した事のある方もいるでしょう。また、事務作業もパーソナルトレーナーが担う事の多い仕事の1つです。

トレーニングのメニューを作成する事はもちろん、入会・退会などの事務処理や電話応対など幅広い作業をこなさなければなりません。トレーニング以外の仕事はあまりやりたくないと言う本音を持つパーソナルトレーナーもいますが、ジムに所属するのであれば雑務は避けて通れません。

パーソナルトレーナーは良い職業なの?

パーソナルトレーナーをやって良かったと感じる事として挙げられるのが、健康な生活を維持しやすいと言う点です。自ら身体を鍛える必要がある事に加え、栄養学など幅広い知識を学ぶ事になるため、自然と健康を維持しやすくなります。

また、パーソナルジムには様々な分野のお客さんがやって来るため、人脈が広がる事をメリットに挙げるパーソナルトレーナーも多いのです。しかし、一番良く挙げられる本音は何と言っても、お客さんから感謝される点に尽きます。

目標を達成したお客さんから直接感謝の言葉を受け取れる所は、他の仕事ではなかなか得られないやりがいでしょう。

パーソナルトレーナーの厳しい所は?

パーソナルトレーナーをやって辛いと感じる事は、将来性が感じられない点です。人気トレーナーになれれば夢のある職業ではありますが、漫然と続けるだけでは高収入は望めません。

健康な身体が前提となる仕事なので、加齢と共に仕事が減るのではないかと言う不安も出てくるのが本音です。マンツーマンの指導を行うため、体調が良くない時でもある程度無理をしなければいけない場面も出てきます。

そして、パーソナルトレーナーが一番辛いと感じる点は、給料の安さです。お客さんに指名してもらう事が出来なければ給料がなかなか増えないため、集客が上手く行かないとどうしても不安を抱えてしまいます。

特に予約件数が少ない中でのキャンセルは、ネガティブな気持ちを引き起こしがちです。

まとめ

パーソナルトレーナーの本音まとめ

パーソナルトレーニングのセッション価格を割高と感じる方もいます。しかし、パーソナルトレーナー自身はその価値があると考えている方が大半です。

ジムに就職する場合・フリーランスとして活動する場合のいずれも、指名が少ないと給料が低いと感じるケースが多くなります。お客さんに対しては自身の評価を高めるためにも「結果を出してもらいたい」と言うのが本音です。

ジムの清掃や事務作業など、トレーニング以外の仕事が多いと感じるパーソナルトレーナーは少なくありません。説得力を持たせるためにトレーナー自身も身体を鍛える必要があるため、トレーニングが好きかどうかは重要です。

指導中に異性へのボディタッチをする場面もありますが、いかがわしい気持ちになる事はありません。感謝してもらえる・人脈を広げやすい・健康な生活を維持しやすいなどの点が良い所として挙げられます。

一方、給料が安い・体調が悪くても働く必要がある・将来性がないなどの辛い部分がある事も忘れてはいけません。

この記事を書いた人

山田 拓弥
経歴
2012年 日本ボクシングコミッション(JBC)プロライセンス取得
ボクシング歴 17年
大手スポーツクラブにて約8年間勤務

プロボクサー時代の経験と大手スポーツクラブでの経験を活かして、ダイエットの為の食事指導や筋力トレーニングの他、ボディメイク、コンディショニングなどを行う。

パーソナルジム経営開業ノウハウ
Youtubeで視聴する
PREV 浜松のおすすめのパーソナルトレーニングジム7つを厳選!一覧表で比較【令和最新】 NEXT 田舎でのトレーニングジム経営が儲かる理由は?注意点も解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事ランキング
カテゴリー

Reservation

まずは無料カウンセリングにてご相談ください

無料カウンセリングの予約

電話受付:10:00 〜 19:00

SHOP LIST

駅近の徒歩5分以内で通いやすさを重視しています

名駅店

地下鉄東山線・桜通線「名古屋駅」徒歩3分
地下鉄桜通線「国際センター駅」徒歩5分

栄店(女性限定)

地下鉄東山線・桜通線「名古屋駅」徒歩3分
地下鉄名城線・東山線「栄駅」徒歩3分

伏見店

地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」徒歩1分
地下鉄東山線・名城線「栄駅」徒歩7分

Stores Keep Growing...

RECRUITMENT

ともに成長できる人材を応援しています

トレーナー募集

スタッフ一人ひとりが、イキイキと働ける環境を

フランチャイズ募集

プライベートジム開業を検討中の皆様へ

PAGETOP
パーソナルトレーナーの本音!給料・仕事内容などの本音をまとめました