Column
コラム

握力が弱い女性の筋トレをサポートするパワーグリップが秀逸!

筋トレ
公開日/2019/06/25 更新日/2021/05/12

筋トレとパワーグリップ

筋トレをしていると、鍛えている筋肉ではなくて握力の方が先になくなり、トレーニングを続けられない事があります。

多くのトレーニングでバーベルやバーを引っ張る動作があるので腕と握力は常に使われている状態になり、どうしても疲れてしまうのです。

そんな、握力が先になくなってトレーニングに集中できない悩みを解決してくれるアイテムがパワーグリップ。男性に比べて握力が弱い女性には特に使ってほしいアイテムです。

この記事では、パワーグリップのメリットや使い方、選び方などを詳しく解説します。握力の弱さを上手にカバーして、筋トレの効果をアップしたいと考えている人はこの記事を参考にしてください。

女性の筋トレに役立つパワーグリップの効果

パワーグリップは筋トレ中・上級者にはよく知られたアイテムですが、筋トレを始めたばかりの人はほとんど知らないと思います。握力を補助してくれるアイテムで、上級者だけではなく、握力に自信がない初心者や女性にも使ってほしい道具なのです。

トレーニングを効率的に進める事と、手のひらの保護に役立つので「筋トレ歴が浅いから」と思わず、パワーグリップの使用を検討してみてくださいね。

価格帯は2,000円~3,000円の比較的リーズナブルなものから、10,000円を超える高級なものまで幅広いのです。素材によって価格に開きがあるので、自分のニーズに合わせて選びましょう。

まずはどんな効果があるアイテムなのかを見ていきます。

パワーグリップは握力の弱い女性にピッタリ

パワーグリップは、狙った筋肉以外に握力も使う「プル系」の筋トレ時に威力を発揮します。例えば、デッドリフトは背中を中心に鍛える筋トレですが、腕で引っ張るため握力が先になくなる事があります。

そんな時にパワーグリップがあると、突き出たベロの部分をシャフトに巻き付ける事で握力を補助してくれますよ。

上級者が重い負荷で筋トレする時に使う以外にも、握力に自信のない女性が安全に筋トレに取り組むためにも役立つアイテムです。バーベルやマシンを使った筋トレを始めて、握力が足りないなと感じたらパワーグリップの使い時かもしれません。

パワーグリップが効果を発揮するトレーニング

パワーグリップが効果を発揮するのは握力を使う筋トレです。デッドリフトやラットプルダウン、懸垂など、トレーニングした時に狙う筋肉に加えて腕と握力が消耗する筋トレで使いましょう。

握力が弱い人はダンベルを使った筋トレでもパワーグリップを使うのがおすすめ。先に腕が疲れる事なく狙った筋肉に効かせられるので効果が高まります。

パワーグリップとリストストラップの違い

パワーグリップと同じく、握力を補助する目的のアイテムがリストストラップです。目的は同じですが、リストストラップは扱いが難しく上級者向けと言えるでしょう。

リストストラップは、標準的なもので50cmほどの長方形型のヒモがついていて、それをシャフトに巻き付けて使います。毎回のトレーニングで巻き付ける動作が必要になるので、面倒に感じる人も多いです。

面倒な分、メリットもあります。100kgを超えるような高重量でも安定して握力をサポートしてくれるので、男性の上級トレーニーはリストストラップを使う傾向にあります。

高重量を扱わない女性や初心者の場合には、パワーグリップの方が簡単に使えておすすめ。パワーグリップでも十分握力をサポートしてくれますよ。

パワーグリップを使っていく中で扱う重量がアップしてきた時に、リストストラップを使うか検討すればいいでしょう。

筋トレでパワーグリップを使うメリットを解説

筋トレでパワーグリップを使うメリットを解説

パワーグリップはデメリットがほとんどない優秀な筋トレアイテムです。初級者から上級者までレベルを問わず筋トレをより効率的にしてくれます。

パワーグリップを筋トレで使うと、どんなメリットがあるのか見ていきます。

握力を補助して筋トレのフォームが改善

第一のメリットが握力をサポートしてくれる事です。プル系の筋トレでは、背中などの筋肉に比べて前腕と握力は発揮できる力が小さくどうしても早く疲れるのが難点。

握力がなくなるとフォームが崩れてケガのリスクが増え、狙った筋肉への効果も少なくなります。パワーグリップを使うと握力に気を取られる事がなくなり、正しいフォームで終盤まで鍛えられるのが最大のメリットです。

握力がなくなり思い通りにトレーニングが出来ないのはストレスに繋がるので、筋トレを気分よく継続するためにもパワーグリップが役に立ちます。

手のひらを保護してまめを予防してくれる

シャフトには滑り止めのために細かいギザギザがあり、気付いたら手のひらがボロボロになったり、マメが出来たりした経験のある人も多いと思います。

パワーグリップを使うと、シャフトと手の間にベロの部分が挟み込まれるので、手が荒れる心配もありません。

筋トレによって手がボロボロになるのを気にしていた女性にとってもパワーグリップは役に立つアイテムなのです。

狙った筋肉をしっかり鍛えられて効果アップ

パワーグリップを使うと握力と前腕の筋肉をあまり使わなくなります。すると、デッドリフトなら背中など、効かせたい筋肉を優先的に使う事になって効果が高まります。

思っている以上に握力を使っている割合は大きいので、パワーグリップを使う事でそれまで無駄にしていた力を狙った筋肉で使えるようになるのはいいですね。

パワーグリップを筋トレで使うデメリットは1つだけ

パワーグリップを筋トレで使うデメリット

パワーグリップを使うデメリットは基本的にはありません。あえて一つ挙げるとすれば、前腕と握力を鍛えられない事です。

プル系の種目のもともとの目的は背中などの強化。前腕と握力は腕に特化したトレーニングで鍛えればいいので特に問題はないと思います。

パワーグリップの使い方!プル系筋トレで使おう

筋トレ時のパワーグリップの使い方

パワーグリップは握力を補助するのが目的。ベロの部分をシャフトに巻き付ける事でパワーグリップが握力の消費を軽減してくれます。

普段使う事のないアイテムなので最初は使いにくく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単に扱えるので安心してください。まずはデッドリフトなどで床に置いたバーベルをつかむ時の使い方を解説していきます。

パワーグリップの輪に手を入れたら、手首で固定します。マジックテープなどで留められるようになっているので、自分の手首に合わせてギュッと固定しましょう。この際、ベロの面が手のひら側にあるようにしてください。

次にパワーグリップをシャフトに巻き付けます。手のひらとベロの間にシャフトを挟んで、奥からベロをぐるりとシャフトに巻きつけたら、手のひらで包むように押さえてください。これで準備完了です。

ベロがシャフトと手の間に入る事で、握力を強力にサポートしてくれますよ。実際にやってみると分かると思いますが、手にさほど力を入れなくてもバーベルを持ち上げられるでしょう。

懸垂で使う時も基本は同じ

懸垂やラットプルダウンでは、自分の目線よりも上にあるバーを握る事になるので始めはなかなか慣れないでしょう。ただ、基本は同じで手とベロでバーを挟むようにして、最後にしっかり握り込んでください。

特に懸垂では背中よりも先に手が疲れてしまうので、回数をこなせる女性はあまりいません。パワーグリップで握力を補助すれば女性でも懸垂をやりやすくなりますね。

パワーグリップの選び方にこだわって筋トレの効果をアップ

パワーグリップの選び方

パワーグリップは筋トレ以外では使う事のないアイテムなので、選ぶのがなかなか難しいですね。

特にこだわりたいのがサイズとベロの素材です。自分に合ったものを選ばないと握力をしっかりサポートできないので、慎重に選びましょう。

サイズの選び方と素材ごとの特徴を解説するので、パワーグリップを購入する際の参考にしてください。

パワーグリップは手首のサイズに合ったものを選ぶのが鉄則

パワーグリップの効果を実感するためには、手首が固定されている事が大事になります。自分のサイズより大きいものを買ってしまうと握力のサポートが弱くなり、小さいものを買ってしまうと窮屈でトレーニングに集中できません。

市販されている多くのパワーグリップでは、サイズはS・M・Lに分かれていて、ほとんどの商品では女性はSが使いやすいでしょう。手首周りが大きい人はMも試してみてくださいね。

サイズはパワーグリップの使いやすさを左右するので理想は試着してからの購入です。ネット通販で購入する場合にはSサイズというだけで即断せずに、自分の手のサイズを測りスペックと照らしあわせて考えましょう。

素材にこだわって効果をさらにアップ

ベロの素材はパワーグリップのグリップ力や使用感に大きな影響を与えます。主にラバー、鉄、革、ネオプレンの4つの素材があり、それぞれ特徴があって好みが分かれます。

ラバーは多くのパワーグリップに使われている基本の素材で、ホールド力が高いのが特徴です。バーベルを使った筋トレや懸垂だけではなく、ダンベル種目などにもオールマイティーに使える万能性が魅力。素材に迷ったら、最初のパワーグリップにはラバー素材のものを購入するといいでしょう。

鉄素材のパワーグリップの魅力はなんといっても簡単に使える事。あらかじめフックの形状になっていて、シャフトに引っ掛けるだけで握力を補助してくれます。サポート力も強いですよ。持ち運びに少し不便なのがデメリットです。

革素材は手になじむのが魅力。使い込むほどに自分の色に染まっていくのがいいですね。高重量を扱う場合には滑りやすく感じる事もありますが、それ以上に革特有の使い心地に惹かれる人も少なくありません。

ネオプレンはナイロン素材の事で、肌触りが軽くて気軽に使えるのが魅力です。水洗い出来るので、衛生状態が気になる人にもいいですね。サポート力は強くないので、軽い重量での筋トレがメインの女性におすすめです。

まとめ

筋トレ時のパワーグリップまとめ

女性は男性に比べて握力が弱いので、狙った筋肉よりも先に握力がなくなって筋トレを継続できなくなる事が多いのです。

パワーグリップを使えば握力をサポートしてくれるので、高重量を扱った筋トレでも最後まで集中して鍛えられるのが最大のメリット。手のひらを保護してくれるのも見逃せません。

パワーグリップは女性にとってメリットの大きいアイテムなので、筋トレ初心者でもぜひ使ってほしい所です。また、プル系の筋トレ(懸垂など)で使うのが効果的。

パワーグリップを選ぶ際には、手首のサイズに合わせるようにしましょう。パワーグリップを使って筋トレを効率的に進めて、理想のプロポーションを手に入れてくださいね。

この記事を書いた人

山田 拓弥
経歴
2012年 日本ボクシングコミッション(JBC)プロライセンス取得
ボクシング歴 17年
大手スポーツクラブにて約8年間勤務

プロボクサー時代の経験と大手スポーツクラブでの経験を活かして、ダイエットの為の食事指導や筋力トレーニングの他、ボディメイク、コンディショニングなどを行う。

パーソナルジム経営開業ノウハウ
Youtubeで視聴する
PREV チューブ筋トレで体を引き締めよう!メリットとやり方を解説 NEXT 筋トレ初心者はトレーニンググローブを使おう!メリットや効果を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

人気記事ランキング
カテゴリー

Reservation

まずは無料カウンセリングにてご相談ください

無料カウンセリングの予約

電話受付:10:00 〜 19:00

全国共通ダイヤル

SHOP LIST

駅近の徒歩5分以内で通いやすさを重視しています

名駅店

地下鉄東山線・桜通線「名古屋駅」徒歩3分
地下鉄桜通線「国際センター駅」徒歩5分

栄店(女性限定)

地下鉄東山線・桜通線「名古屋駅」徒歩3分
地下鉄名城線・東山線「栄駅」徒歩3分

伏見店

地下鉄東山線・鶴舞線「伏見駅」徒歩1分
地下鉄東山線・名城線「栄駅」徒歩7分

福岡店
福岡店

福岡市地下鉄空港線「天神駅」徒歩4分
福岡市地下鉄空港線「赤坂駅」徒歩6分

               新横浜店
               
新横浜店

JR横浜線「新横浜駅」徒歩2分

Stores Keep Growing...

RECRUITMENT

ともに成長できる人材を応援しています

トレーナー募集

スタッフ一人ひとりが、イキイキと働ける環境を

フランチャイズ募集

プライベートジム開業を検討中の皆様へ

PAGETOP
握力が弱い女性の筋トレをサポートするパワーグリップが秀逸!